夜ウォーキングの効果は?暗い時間帯に散歩をするときの注意点も紹介【ウォーキング用ライト】

健康を意識して運動を始めたいけれど、仕事との両立が難しいのではないかと一歩踏み出せない人もいらっしゃると思います。

確かにハードなトレーニングとなると時間もお金もかかりますが、健康のためなら簡単に始めることができて時間の都合もつきやすい夜ウォーキングがおすすめです。

特に朝の時間が苦手で、仕事終わりに帰宅してからの時間を有効活用したいと考えている人に向いています。ほとんどお金もかからず気軽に続けられる夜ウォーキングなら、忙しい社会人に最適な運動方法だと言えるでしょう。

今回は夜ウォーキングの効果と暗い時間帯に外を散歩する際の注意点をお伝えしていきます。

夜ウォーキングの効果

夜にウォーキングすることによって得ることのできるメリットが数多くあります。

夜だからこそ得られる効果と、時間帯に関係なくウォーキングによる好影響の両方の側面でご紹介していきます。

睡眠の質が上がる

f:id:taiyoutan:20211116162441p:plain

夜の運動となると一日における最後の活動となる人が多いのではないでしょうか。

一日の終わりに近い時間にウォーキングすることで、適度な疲れを感じたまま眠りにつくことができます。また運動することで血行促進がすすみ、身体のこりをほぐしてくれる効果があります。

だからといって激しい運動をしてしまうと身体が活性化しすぎてしまう可能性もあるので要注意です。

少し疲れるくらいの負荷を与えることが大切になりますので、身体の調子を考慮しながら適切な距離や時間を歩くように心がけましょう。

日焼けや熱中症のリスクが低い

夜ウォーキングをすることで、日焼けや熱中症のリスクが低くなります。

夏場は昼過ぎにもなると1日のなかでもっとも気温が高くなり、最近では40度を超える暑さが観測されることもしばしばです。

特に夏の季節はウォーキングの時間帯を日が沈んだ後と決めてしまい、熱中症になるリスクを最大限低くするようにしましょう。また、日焼けすることを避けたい方は日差しがない夜に運動することで、紫外線対策をする手間が省けます。

逆に冬場は夜の冷え込みがきつくなるので、防寒対策をしっかりしておくことが必要になります。手袋やネックウォーマーを持っていない方は準備しておきましょう。

高血圧の人が運動する時間帯に向いている

朝は体が起き始めてから徐々に血圧が上がり始める時間帯です。冬場の早朝に脳梗塞や心筋梗塞で倒れる人が多いのは、冷えた体を温めようと血管の収縮が激しくなるためです。

しかし血圧を下げるには日々の運動が不可欠です。有酸素運動や筋力運動のそれぞれが効果を持ち、徐々に運動の負荷を高めていくことも視野に入れて習慣づけることができれば、血圧の心配事は次第になくなるかと思います。

特に高血圧で悩んでいる方は心臓や血管への負担が大きい早朝ではなく、夜ウォーキングでリスクを回避しながら適度な運動を試みましょう。

運動不足解消

社会人にとって運動不足は永遠の課題と言っていいほど、多くの人が直面する問題かと思います。仕事をしながらでも日々の生活に運動を取り入れて、健康的な毎日を過ごしたいものです。

仕事と運動の予定を詰め込みすぎるとハードなスケジュールとなり続けるのが難しいと思いますが、夜ウォーキングは無理なく運動不足解消という問題を解決してくれます。

健康な毎日を過ごすためにはきちんとした食生活と良質な睡眠、そして定期的な運動が必要です。しかしながら社会人という環境に身を置くと、睡眠時間を削り運動する機会を作ろうとしない生活に陥りがちです。

運動の得手不得手にかかわらず、運動習慣をあえてつくるように心がけましょう。運動が苦手だったり、日頃から運動する習慣のない人であれば、ウォーキングから始めるのがおすすめです。

【社会人必見】運動不足解消が目的ならウォーキングから始めるべき。おすすめする理由を4つ紹介

2021年10月1日

平日の日中は仕事をしている人が多いと思いますので、週に2日ほどの夜ウォーキングをすることで運動不足解消に繋がります。

リフレッシュ効果

f:id:taiyoutan:20211116163135p:plain

個人的には、人生においてストレスは最も身近にある最大の脅威だと感じています。そんなストレスを日々解消することは、快適な人生を送るうえでなくてはならない課題です。

意図せず毎日の仕事や学校生活でストレスが溜まってしまうと思いますが、そのようなときにも夜ウォーキングはリフレッシュに最適です。

ウォーキングの主な効果
・ ストレス発散
・ リフレッシュ効果
・ カロリー消費

 

運動にはストレス発散効果がありますし、汗をかくことで身体に溜まった毒素や老廃物を外に出してくれます。それだけでなく、ウォーキングのような同じ動作を繰り返し行うことで、前向きな気分になるという効果も期待できます。

日々の生活からリフレッシュできる機会を取り入れることで、ストレスに押しつぶされることなく毎日を過ごすことができるでしょう。

夜ウォーキングのタイミングと歩く時間

f:id:taiyoutan:20211116175327j:plain

夕方から夜(17~20時頃)にかけて

夜ウォーキングのおすすめの時間は夕方から夜にかけての時間帯、17~20時頃が理想です。

一日のなかで最も代謝率が高いのは17時頃と言われており、朝が最も低いとされています。脂肪が燃えやすい夜の時間をあえて狙ってウォーキングするのが良いでしょう。

また食後すぐの運動は体への負担になるので控えるようにし、体内の脂肪が運動を行うためのエネルギーとして使われやすい食事前に歩くのがおすすめです。

夏であれば陽が落ちて涼しくなるだけでなく暗くなるのも遅いので、夜に限らず夕方のうちにウォーキングしてしまうのがいいですね。

眠りにつく約2時間前には終わっていること

夜ウォーキングを実践するにあたって、睡眠2時間前には運動を終えていることが必須の条件になります。

運動をすると身体は興奮状態になっており、落ち着くまでにだいたい2時間ほどかかると言われます。眠りにつく前には気持ちを落ち着かせ、興奮状態が冷めたタイミングで眠りにつけば自然な流れで入眠できるので、質の高い睡眠につながることでしょう。

またウォーキング時間を長くして睡眠時間を削ってしまうのもNGです。健康な生活には充実した食事と十分な睡眠時間、適度な運動のすべてがそろっている必要があるためです。

個人的には運動と食事、入浴がすべて入眠の2時間前には終えている状態が理想です。眠りにつきたい時間から逆算して考えることでスケジュールを立てやすくなると思います。

目標は週2~4日、1日1時間

日々の運動において目標を立てるのは大切なことですが、達成できる目標を立てるのは意外と難しいかもしれません。

どれくらい歩けるか不安な方は、最初は1日20分程度から始めてみるのが良いでしょう。

運動を始めたばかりの人は、無理のない範囲で続けることを念頭に置いて目標を立てるのが理想です。夜ウォーキングが生活の一部として馴染んできたら、徐々に距離や時間をのばしてみてください。

頻度や距離が延びるにつれて、どんどんウォーキングが好きになること間違いなしです。

ウォーキングで10km歩くと何分かかる?消費カロリーは?実際に歩いて疲れ具合を検証

2021年11月18日

暗い時間に散歩をするときの注意点

f:id:taiyoutan:20211116202626j:plain

道中は暗いので照明やライトを持ち歩こう

実際に夜ウォーキングをしてみると気付くと思うのですが、大通り沿いや商店街でもない限りあたりはとても暗いことが多いでしょう。

夜は通勤・通学の車や自転車の交通量が多くなるので、安全に注意して歩くことを心掛けてください。何よりも大切なのは暗闇のなかでも周囲の人に認識してもらうこと。

私もウォーキングやランニングをするときは川沿いの暗闇の道を使っているので、周りに気付いてもらうためにアームバンド型のライトを常に装着しています。

f:id:taiyoutan:20211130215127j:plain

1000円ほどで買ったランニングライトですが、とても優秀で重宝しています。というのも十分な明るさなので向かってくる人は遠くからでも気付いてくれ、すれ違い時にも避けて通ってくれます。

またこれだけ明るいと付けているときに視界に入って邪魔になるのではないかと懸念していたのですが、それも問題なし。自分自身ではライトの光が目に入ることもないので気にすることなく運動できます。

道選びも重要

夜ウォーキングをするには道選びも重要です。

ランニングコースでもない限り、あえて暗く細い道を選ぶのはやめましょう。暗闇が多く人通りの少ない道だと交通事故や不審者により一層気を付けなければなりません。

おすすめは街灯の多いランニングコースです。そのような道であれば他にも同じような目的で運動をしている人が少なからずいるので、安心して夜でもウォーキングすることができます。

街灯の多いランニングコースが近くにないという方は、道幅の広い歩道や街灯が多い道を選ぶように心がけましょう。何かあったときにすぐ助けを呼べる防犯グッズを持っておくのも身の安全の確保に役立ちます。

スマートフォンを忘れずに携帯する

上述したように不審者や交通事故に遭遇してしまう可能性は捨てきれないです。なにかアクシデントが起きたとき、警察や救急車を呼ぶ必要が出てくるかもしれません。

よくある出来事として運動の途中で足をひねり捻挫してしまったり、転んで打撲してしまうことです。大袈裟にするほどではないけれど歩くのはつらいという状況など、身近なひとへの連絡手段としてもスマートフォンは常に携帯しておきましょう。

【アイキャッチ】SUKWIIのランニング用ウエストポーチ

【1,000円でコスパ最強】安くて高性能で大満足!ランニング用ポーチならSUKWIIがおすすめ

2021年12月30日

夜ウォーキングで健康な生活を送ろう

今回は夜ウォーキングの効果と暗い時間帯に外を散歩する際の注意点ををご紹介しました。

仕事をしているとなかなか運動に時間を割くことができない方もいらっしゃると思いますが、余裕のある時間に軽い散歩から始めてみてください。ストレス発散効果やリフレッシュもできるので、日々の生活が楽しくなること間違いなしです。

【健康】若いのに体力がない?健康のために普段の生活から取り入れるべき運動習慣

2021年12月20日

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。