【ザバス】どっちが美味しい?ミルクプロテインのヨーグルト味を飲み比べてみた

効率よくタンパク質を摂るのに最適なプロテインですが、手軽に買うことができないと思ってはいませんか?

最近はコンビニでも見るようになりましたが、中でもザバスのミルクプロテインは超優秀です。

ヨーグルト風味のミルクプロテインはよく見かけると思いますが、発酵乳であるヨーグルトプロテイン(飲むヨーグルト)が発売されているのをご存知ですか?

今回は、ミルクプロテインのヨーグルト風味(乳飲料)とヨーグルトプロテイン(発酵乳)の2つを飲み比べた感想をお伝えします。

2種類のプロテインの違い

f:id:taiyoutan:20211018202504j:plain

写真のように、ザバスミルクプロテインには発酵乳(ヨーグルト)と乳飲料(ヨーグルト風味)があります(左側がいわゆる飲むヨーグルト、右側がヨーグルト風味の乳飲料です)

内容量は飲むヨーグルトが200g、乳飲料プロテインは430mlと量は倍以上の差があります。

タンパク質の量だけで言うとどちらを選んでも構いませんが、味や栄養成分がかなり違うので飲むタイミングが重要になりますね。

栄養表示

f:id:taiyoutan:20211018203442j:plain

どちらのプロテインもたんぱく質は15.0gととても大量に入っている超優秀商品。

しかし驚きを隠せないのが200gの小さい方が149kcal、430gの大きい方が99kcalと、内容量の少ない飲むヨーグルトの方がエネルギーが大きいのです。

脂質はともに0gですが、よくみると炭水化物が倍以上違います。量が少ないからと言って、200gの飲むヨーグルトを飲み続けているとカロリーを摂りすぎてしまうかもしれないですね。

【アイキャッチ】月100km

【ウォーキング】1ヶ月で100km歩いたら痩せるか検証してみた【ダイエット】

2021年12月27日

2種類のプロテインの味比べとおすすめタイミング

ここまで栄養的な違いは分かりましたが、ここから肝心な味を比べてみましょう。

200gの飲むヨーグルト

f:id:taiyoutan:20211028125947j:plain

内容量は200gと多くはないものの、大きい方と変わらず15gのたんぱく質が入っているのがとても優秀です。

味は一般的な飲むヨーグルトと変わらず、プロテイン商品とは思えないほど濃厚で満足感抜群です。

量も多すぎず味も濃いので、朝食代わりやおやつにするにはもってこいですね。

430mlの大容量プロテイン

f:id:taiyoutan:20211028130016j:plain

内容量の多さはこちらに軍配が上がります。

味はヨーグルトをかなり薄めた、むしろカルピスに近いような飲み心地です。

430mlとプロテインにしては大容量なので水分不足になりがちな運動後や、夜寝る前に飲んでおくことをおおすすめします。

ザバスミルクプロテインを生活に取り入れよう

今回はザバスミルクプロテインについてお伝えしました。

ミルクプロテインは今ではどこでも売っているような人気商品ですので、日々の生活にも取り入れやすいと思います。

タンパク質不足にならないためにも、こまめにプロテインを飲んで健康な身体を維持しましょう。

【美味しい?】たんぱく質15gのザバスミルクプロテインを飲んだ感想

2021年10月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。