【人生の太りやすいタイミング】サッカー歴20年の私は一度も太らなかったのか?

 

私は小学校1年生のときに地元のクラブに入り、サッカーを始めました。きっかけは父や兄の影響で、チームに参加する前からボールを蹴ったり触ったりする機会があったのだと思います。

それから小学校・中学校・高校・大学と部活動でサッカーを続け、今年でとうとうサッカー歴20年に到達しました。やはり運動している人は、筋肉質で細身なイメージがありますよね。

このように振り返ると、学生時代から今まで常に身体を動かし続けている私ですが、過去に一度も太ったことはなかったのでしょうか?

今回はそんな私が経験した、運動習慣が身についている人が陥る太りやすいタイミングをご紹介します。

「太った」という基準

一概に「太った」といっても、人によって解釈は様々だと思います。なので今回は以下のような状況に当てはまったら「太った」こととします。

太ったという基準
・ 一定期間で3キロ以上増加
・鏡でみる自分の顔が膨らんで見える
・周囲から「太ったね」と言われる

 

筋肉量が増えたと実感できる場合の体重増加は例外なので考慮しませんが、明らかに脂肪が増えたようなときが対象となります。

【実体験】サッカー歴20年の私が太ったタイミング

先に結論からお伝えしますと、サッカー歴20年の私でも今まで何度も「太ったな」と実感することがありました。

大きな怪我をした後

f:id:taiyoutan:20211011210409j:plain

サッカーなどの激しいスポーツには怪我がつきものです。

擦り傷や打撲なら気にすることなくプレーを再開することが多いのですが、捻挫や骨折などの場合だとしっかり治るまで安静にしていなければなりません。怪我の度合いによって異なりますが、大きなけがの場合は数週間から数ヶ月は運動を禁止されることでしょう。その間はチームのサポート、筋トレ、リハビリをこなす別メニューとなります。

私も高校時代は怪我が多く、ときには数ヶ月もチームから離脱することがありました。

部活の顧問からの一言

そんなリハビリ期間中、顧問の先生から「お前太ったな」と言われたことを覚えています。確かに別メニューとなると運動量も落ちて体重が増えるのはよくあることですが、数ヶ月で見た目に現れるほど太ってしまったのかと衝撃を受けました。

太ってしまったのは、おそらく食事量が変わらず運動量が落ちたことが原因でしょう。

教師から容姿を指摘されることは珍しいかもしれませんが、それほど変わって見えたのかもしれませんね。

高校受験・大学受験

f:id:taiyoutan:20211011210618j:plain

私が所属していたのはクラブチームではなく学校の部活なので、受験を見据え部活を引退する時期があります。引退時期は最後の大会が終わるまでと決められることが一般的に多いようですが、それまで熱く取り組んでいた部活が急になくなってしまうのです。

運動時間が一気に減り、勉強時間が増えることでストレスが溜まり、食事をすることで発散するという悪循環が生まれます。そのために、私は高校受験で約3キロ、大学受験で約7キロも太ってしまいました。

最初の大学受験に失敗してしまい、浪人期間を1年間過ごしたのですが、勉強のために365日を費やすのは、私にとってかなり苦痛なものです。

進学したい志望校があるなら浪人をおすすめしますが、そうでなければこだわらなくていいのかも。そう思うくらい、この1年間は息が詰まるような生活でしたね。

夜ウォーキングの効果は?暗い時間帯に散歩をするときの注意点も紹介【ウォーキング用ライト】

2021年11月22日

社会人1年目

f:id:taiyoutan:20211011210705j:plain

大学を無事卒業し、いざ就職となると、またしても運動する機会が失われます。特に私は地方の大学に進学し、就職を機に地元に戻ったので大学OBが参加するチームへの所属ができませんでした。

社会人になると慣れない環境での仕事や、人間関係でのストレス、そして運動機会の減少によって、またしても消費カロリーが摂取カロリーを上回ります。

そして社会人1年目の冬に、過去最大の体重69キロを記録しました。

ダイエットを決意

過去最大の体重を記録するとなると、さすがに焦りを感じ始めます。今までは部活動を中心に生活していたといっても過言ではないため、運動が一日のサイクルのなかに入っていました。

しかし、社会人になった途端に運動をしなくなり身体を動かすことの重要性を知ると同時に、カロリー計算の重要性を考えるようになりました。

そこで決意したのは、間食を減らすことと夜の食事量を少なくすることです。学生時代と同じ食事量、食事習慣でいると今後も太り続けることを確信したので、まずは食事の改善から始めました。

運動機会を増やす

まずは食事の量や質を気にするようになり、次は運動機会を増やすことにしました。まずは運動不足に最適なウォーキングから始め、徐々にランニングの時間もとるように心がけると、約3ヶ月で約5キロの減量に成功。

久々に運動をする方は無理をせずウォーキングから始めることをおすすめします。

【社会人必見】運動不足解消が目的ならウォーキングから始めるべき。おすすめする理由を4つ紹介

2021年10月1日

その後サッカーチームを創設し、自ら運動機会を増やすこととモチベーションを維持することに成功。まずは考えすぎるよりも動き出してみたらいいかもですね。

サッカー歴20年の私も結構太ってた

「今回はサッカー歴20年の私は一度も太らなかったのか?」という内容を紹介しました。

記事にするために思い返してみると、意外と太ってしまうことも多く、増量してしまうきっかけは身近なところにあることを知りました。

もし今痩せている方でも、少し気を抜くと太ってしまうかもしれませんのでお気を付けください。

【アイキャッチ】月100km

【ウォーキング】1ヶ月で100km歩いたら痩せるか検証してみた【ダイエット】

2021年12月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。