【Excel】セルの横幅を文字に合わせて調整したいときの対処法3つ

【アイキャッチ】セルの横幅

Excelのセルに文字を入力したはいいものの、セル内に収まらず隣のセルまで突き抜けてしまうことってありますよね。

今回はセルの横幅を文字に合わせて調整する方法をお伝えしていきます。

文字列が収まらない状況ってどんな感じ?

なにか文字を入力した際に、極力一つのセル内にしっかりと見える形で表示されるのが理想です。

文字列が収まらない状況とは、他のセルと被ってしまって文字列が隠れてしまったり、他のセルにまで突き抜けて表示されてしまうことを指します。

f:id:taiyoutan:20211108152604j:plain

このテーブルをみても一目で内容が分かるようにはなっていませんよね。

今回はこれを見やすい表示に変えるため、セルの横幅を調整する方法を考えていきます。

【方法①】シンプルに横幅を広くする

一番シンプルな方法として、横幅を一つずつ広げたり狭めたりする方法があります。

原始的なやり方かもしれませんが、Excelを扱う上での基本操作となります。

f:id:taiyoutan:20211108155203j:plain

これでセル内の文字列が見えるようになりました。

f:id:taiyoutan:20211108155529j:plain

これでも表示するのには問題ありませんが、より簡単な方法があります。

【方法②】ダブルクリックで横幅を調整する

先ほどはマウスを左右に動かして、感覚で横幅を決めていました。

今回は自動で最適な横幅を決めてくれる機能を利用しましょう。

手順は以下の通りです。

f:id:taiyoutan:20211108160221j:plain

マウスポインタ―を調整したい列の間に合わせてダブルクリックするだけで、勝手に最適な横幅になってくれます。

f:id:taiyoutan:20211108160837j:plain

注意点としては一つの列において複数行に文字列が入力されている場合、最も長い文字列に合わせて横幅が決まるという点です。

2行目に合わせたかったのに3行目の横幅で統一されてしまったという予想外な事態が起きるかもしれません。

任意の横幅に決めたいときは方法①を使った方が良い場合もあることを覚えておきましょう。

【アイキャッチ】シリアル値

【Excel】日付を使用する際に知っておいた方が良いシリアル値とは?便利な活用法もご紹介

2021年11月20日

【方法③】列の幅を定量的に決める

ここまでは実際の数字に頼らず、見た目重視の方法で変更する方法を紹介しました。

方法③は少しめんどくさいですが数字を使って横幅を決めるやり方をお伝えします。

まず、以下の画像のように調整したい列を右クリック、「列の幅」を選択してください。

f:id:taiyoutan:20211108161722j:plain

次のようなダイアログが出るので、他の列の幅と比較して数字を決めてください。

f:id:taiyoutan:20211108162303j:plain

今回はC列をB列と同じ数値の17.67に決めて、OKを押下します。

その結果がこちらです。

f:id:taiyoutan:20211108162541j:plain

見た目も綺麗にB列とC列が一緒になりましたね。

文字列の長さから数字をわざわざ計算しなくてはならないので面倒ではありますが、シート全体のバランスをとるには最適な方法です。

【アイキャッチ】セルに文字列を収める

【Excel】一つのセルに長い文字列を収めたいときの方法4選

2021年11月12日

シート全体のバランスを考えて手法を変える

今回はセルの横幅を文字に合わせて調整したいときの方法を3つ紹介しました。

個人的には方法①と方法②を使うことが多いですが、文字列の折り返しと併用することがほとんどです。

それぞれの使い方を覚えておいて、いざというときにどれでも使えるようにしておきましょう。

【Excel】セルをコピーして値(中身)だけ貼り付けたいときの手順

2021年11月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。