【Excel】VBAとは?マクロとは?混同しがちな2つの違いも解説

【アイキャッチ】VBA?マクロ?

「VBAってなに?」「VBAやマクロってよく聞くけど、何が違うの?」

普段からExcelを使っている人だと、このような疑問を感じることがあると思います。難しそうで触れないようにしているかもしれませんが、知っておいて損はない知識です。

そこで今回はVBAやマクロについての説明と、VBAとマクロの違いを解説していきます。

VBAとは?

パソコン

VBA(Visual Basic for Applications)はMicrosoftが提供するプログラミング言語のことを指します。同社製品のMicrosoft Officeに搭載されており、アプリケーションの拡張機能として活用されています。

Excelで使用されることが多いので「VBAはExcel独特の機能」と認識されているかもしれません。実はWord、PowerPoint、Access、Outlook、Internet Explorer、Microsoft Edgeなどでも利用することができます。

VBAを利用するメリット

プログラミング言語であるVBAを学ぶことで享受できるメリットは以下のようなものがあげられます。

VBAのメリット
・作業を自動化することで効率的に業務をこなせる
・プログラミング言語を問わず、システムの裏側の理解が深まる

 

特に作業の自動化は日々の業務において大きな助けとなるでしょう。今まで手入力でこなしていた作業をボタンひとつ押すだけで完了することができるのであれば、時間短縮できるだけでなくミスも減り、効率的に業務を進めることができるようになります。

VBAでできること

VBAで実現できる作業は無数にありますが、普段の業務に役立ちそうなものも数多くあります。

VBAでできること
・複数セルの書式設定を変更
・複数セルの文字の検索や置換
・データベースへの入出力 など

 

表面的にあらわれるセルの操作はなんとなくイメージしやすいかと思いますが、データベースにあるデータの操作まで行えるため、かなり柔軟で幅広い使われ方がされています。

古くからある現場でのシステムの一部にVBAが利用されていることも多いので、コードを読めるだけでも今後の仕事にいきてくるかもしれません。

VBAの難易度

HTML、CSS、SQL、C言語、Javaなどを学習してきた筆者の感覚では、VBAの難易度は高くありません。

C言語におけるポインタやJavaでつまづきがちなオブジェクト指向などもないため、プログラミング初学者でも理解しやすい言語なのではないでしょうか。普及したてのプログラミング言語とは異なりVBAの歴史はそこそこ古いので、ネット上での情報収集も容易にできます。

実際の現場で利用される機会は徐々に減っているかもしれませんが、Excelを利用しない企業はほとんどないでしょう。また個人で使えるようになると作業効率化できるので、学習するか迷っている方は早めに取りかかることをおすすめします。

VBAを学ぶ前に
VBAを学ぶ前にExcel関数をある程度使いこなせるようにしておきましょう。わざわざVBAを使わなくても実現できる機能が見つかるかもしれません 

【アイキャッチ】 SUM関数の使い方

【SUM関数】数値の合計を求める便利な関数の使い方を画像付きで紹介【Excel】

2022年1月1日

マクロとは?

自動

マクロとは、コンピューターの操作を自動化(あらかじめ決めた手順で制御)する機能のことを指しています。

複数の操作をまとめて記録し必要に応じて呼び出すことで、データの集計や分類、印刷業務などの手間がかかりそうな作業を簡単に実行するのに向いています。

マクロを作成するにはプログラミング言語の記述が必要で、Excel上の作業でなくても自動化された機能のことをマクロと呼んだりします。

VBAとマクロの違い

混同されがちなVBAとマクロですが、この2つには明確な違いがあります。

VBAとマクロ
VBA:Microsoft Office製品におけるプログラミング言語
マクロ:コンピューター操作を自動化する機能のこと

 

つまりマクロを作成するための手段としてプログラミング言語が必要です。ExcelなどのMicrosoft Office製品においてはVBAを利用しているという位置づけになります。

マクロを作成する手段の一つとして、VBAが存在しているのですね。

マクロの作成方法

ここまでの知識だと「マクロを作成するのは大変そう」と思ってしまうかもしれません。

しかし、マクロの作成方法はプログラミング言語であるVBAを利用するだけではなく、「マクロの記録」という機能でも実装できます。エクセルでの作業内容が自動的にマクロ化される仕組みなので、容易なExcel操作さえできれば誰でもマクロを作成できると思います。

順を追って理解すれば、初心者でも簡単にマクロを作成することができるので試してみてください。

VBAとマクロを使いこなそう

今回はよく間違われがちなVBAとマクロの違いを解説しました。

VBAはマクロを作成するためのひとつの手段に過ぎないということが分かりました。

ExcelとVBAを使いこなして、仕事効率化を目指しましょう。

【アイキャッチ】メモリ(RAM・ROM)とは?

パソコンにおけるメモリ(RAM・ROM)とは?ストレージとの違いや容量の確認方法もご紹介

2022年1月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。