【SUM関数】数値の合計を求める便利な関数の使い方を画像付きで紹介【Excel】

【アイキャッチ】 SUM関数の使い方

「いくつかのセルの合計値を知りたいんだけど、電卓使った方がいいのかな?」

Excelを使っていると、数値の合計値を求めたい状況に出くわすことが多々あると思います。そのようなときには「SUM関数」を使うことで、効率的に自動計算することができます。

今回はSUM(サム)関数を使って「複数セルの数値を合計」を求めていきましょう。

SUM関数とは?

SUM関数とは、指定したセル範囲に含まれる数値の合計値を求めるための関数です。

入力された数値の合計を目視や電卓で計算するのは、時間がかかるだけでなく計算ミスが起こる可能性があります。この関数を使うことによって、ミスがなく最大の効率で合計値を求めることができるでしょう。

SUM関数の使い方

SUM関数は「=SUM(数値1, [数値2], …)」のように使用します。

SUM関数の特徴
・「(数値1, [数値2], …)」の数値の合計値を求めて表示する
・数値1は必須
・数値2以降は任意、最大で[数値255] ・「(A4:G4)」のように範囲指定ができる
・セルの書式が文字列の場合は計算の対象とならない

 

個人的な意見かもしれませんが、実務上だと範囲指定で利用することが多くなるかと思います。

実際に使ってみる

直に入力するパターン

「=SUM(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7)」のように数値を直に入力する。

直に入力

Enterを押す。

直に入力2

1~7までの合計値を求めることができましたが、わざわざ関数の引数内に数値を入力するのは面倒ですよね。

範囲指定を使えば、より簡単に合計値を求めることが可能です。

範囲指定を利用するパターン

「=SUM(」まで入力する。

範囲指定1

合計値を求めたい範囲のセルをドラッグする。

範囲指定2

Enterを押す。

範囲指定3

今回の説明ではドラッグして範囲指定を行いましたが、「=SUM(A5:G5)」と直に入力しても範囲指定が可能です。

【アイキャッチ】「0」が消える

【Excel】先頭の「0」が勝手に消えてしまう場合の表示方法3つ

2021年11月8日

応用情報

隣接していないセルの数値の合計も求めることができる

上記では隣接するセルの合計値を求めましたが、隣接していないセルの合計値を求めることもできます。

方法
・「=SUM(」まで入力し、Ctrlキーを押しながらセルを選択する
・「=SUM(A6, C6, G6)」のように、直に入力する

 

隣接しないセル

SUM関数のショートカットキー

[Alt]+[Shift]+[=]のショートカットキーでSUM関数を表示することができます。

SUM関数を使って計算を自動化させよう

今回はSUM関数の使い方をお伝えしました。

SUM関数は数値の合計値を求めるためによく利用される関数なので、使えるようになっておくだけで仕事効率化に繋がります。

似たような関数として「SUMIF」や「SUBTOTAL」などの関数もあります。ぜひそちらも覚えておきましょう。

【アイキャッチ】セル内のカーソルを動かす

【Excel】文字入力中にセルの移動ではなくセル内のカーソルを動かす方法

2021年11月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。