【Excel】先頭の「0」が勝手に消えてしまう場合の表示方法3つ

【アイキャッチ】「0」が消える

Excelを利用した作業をしていると、携帯番号や会員番号のように「0」から始まる数字の羅列を入力する機会はそこそこ多いと思います。

そんなとき、先頭の「0」が消えてしまって頭を悩ませた経験がある人もいるのではないでしょうか?

今回はセルに「0」から始まる数字を入力する際に、先頭の「0」が消えてしまう事象を解決するための方法を紹介します。

最初の「0」が消えてしまうとは?

最初の「0」が消えてしまうとは、どのような不都合を指しているのでしょうか。

例えばセルのなかに「00001」と入力したいとします。

f:id:taiyoutan:20211103231402j:plain

しかし、以下のように想定通りにならない場合があります。

f:id:taiyoutan:20211103231718j:plain

先頭からすべての「0」が消えてしまっていますよね。

数値としては不要だと判断されたので消えてしまっているのですが、今回は理想通りに先頭の「0」も表示されるよう変更を加えていきます。

【アイキャッチ】 SUM関数の使い方

【SUM関数】数値の合計を求める便利な関数の使い方を画像付きで紹介【Excel】

2022年1月1日

【方法①】セルの表示形式を「文字列」にする

1つ目の方法は、セルの表示形式を「文字列」にすることです。

初期設定のままだとセルの表示形式が「標準」となっており、数字を入力すると自動で「数値」として認識されます。

f:id:taiyoutan:20211103232119j:plain

数値として認識されると先頭の「0」が不要だと判断されてしまうので、このセルを文字列として認識されるようにします。

f:id:taiyoutan:20211103233039j:plain

先頭の「0」が消えず、「00001」と表示されるようになりました。

範囲選択してセルの表示形式を「文字列」に変更すれば、一括で設定できるのでとても便利です。

【方法②】先頭に「’」を付けて数値を文字列として認識する

文字列として認識されるやり方として、「’」を先頭に付ける方法もあります。

f:id:taiyoutan:20211103234008j:plain

しっかりと「00001」と表示されるようになりました。

f:id:taiyoutan:20211103234307j:plain

欠点としては毎回「’」を先頭に付けなければならず、面倒であるという点です。

また、方法①と方法②では文字列として認識されてしまうので、数式を使った計算に対応できません。

数値として認識されたうえで「0」が消えないようにしたいのであれば、以下の方法③を利用しましょう。

【方法③】セルの書式設定で桁数を指定し、数値として入力する

数値として認識されるために、セルの書式設定で桁数を指定する方法があります。

まず、画像のようにしてセルの書式設定を開きます。

f:id:taiyoutan:20211103235805j:plain

続いてセルの書式設定ダイアログボックスがあらわれるので、①~④の操作を行います。

①「表示形式タブ」を押す
②「ユーザー定義」を押す
③「種類(T):」の入力欄に「0000#」を入力する
④「はい」を押す

f:id:taiyoutan:20211104001952j:plain

③の「0000#」は、「入力された数字は常に5桁で表示し、5桁に満たない場合は先頭に0を追加して表示する」という意味です。

この方法なら数値を用いた数式も問題なく対応できます。

「0」を表示させる方法を、状況に応じて使い分けよう

ここまで3つの「0」を表示させる方法を紹介しました。

文字列として表示させるか、数値として認識させるかは状況に応じて使い分けてください。

特に方法③は意外と知らない人も多いので、ぜひ普段から使えるようにしておきましょう。

【アイキャッチ】セルに文字列を収める

【Excel】一つのセルに長い文字列を収めたいときの方法4選

2021年11月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。